t-other.jpg

その他

情報いろいろお届けします。


 ◆ How the Ermot was born

【Vision burgeoning from the seed】

2002
While I was working, suddenly, a certain vision came to me.

It was a scene of many kind of people enjoying the wa culture in the old minka house,
hidden in the mountain woods. They were blithely laughing together with their hearts and minds at ease. A really peaceful moment.

Wow! Where is it? I want to go there! I want to create such a place!
I even thought “I was born to create this place!”.
How should I name it, maybe “Wa Culture Theme Park?”

I started telling everybody I wanted to create a wa culture theme park. But in the end,
whoever I talked to deemed my vision as childish and made fun of me…

Seeing that I couldn’t convey the wonderfulness of my vision,
I asked myself “How should I express these many different elements of wa culture, so that others would accept and support my idea?” and started racking my brain in order to find the right answer.

Spirituality, healing, sixth sense… etc. I had devoted many years to put into words the “usefulness” of wa culture in everyday life.

Concurrently, for a few years, I had attended business management course. Because, there
wasn’t anyone willing to help, I had prepared myself to do everything by myself. While
attending this course, which was said to be “of the same level as the MBA classes“, despite
always being poor at maths, I suddenly came to understand it perfectly. From the people
“who excel at investing” I learned a lot of things, such as that money circulate in accordance
with the laws of the universe or that “managing” is a job which needs you to love other
people.

During the process of planning I gradually decided upon a “theme park where one can improve
his or her emotional and spiritual capabilities” and this thought set me at rest. Although, the
keywords wasn’t really decided back then. Numerous time I’ve modified the home page with
titles like “Aru Koko Ōkoku (A Certain Here Kingdom?)”, “Super-Human Wonderland” and
“Etosatori (Eto-Satori?)”[nazwy własne, ciężko powiedzieć o co kaman :P], trying every name I
could think of.


Autumn 2013
The moment Tokyo was chosen to hold the Olympic Games, people’s attitude towards my idea
changed dramatically with opinions like “It’s wonderful!” or “ The sooner you do it, the
better!”.

But then I realized, that even if I was able to let the people personally experience the wa
culture I still didn’t know how to turn it into a consistent programme and it baffled me to the
point I couldn’t advance any further. If it was about a simple “feel the wa culture” experience,
there were a tons of similar services in places like Asakusa. Competing with these businesses
didn’t make much sense. What I wanted to achieve wasn’t simply about the wa culture, it
needed something else. What was it? I barely noticed it’s general outline, but wasn’t able to
see it clearly. To make it more visible, I continued my search.

On the other hand, I somehow felt, that my dream was getting further and further away. I was
steadily improving my concept and my vision was becoming more and more concrete, but te
more I learned, the more terrified I was by the gap that stretched between this idea and
reality… But still I didn’t give up entirely and day by day I loitered aimlessly crying and
wondering if there was any way leading to my goal…

Feeling that I cannot proceed any further alone, I realized I needed others people’s help. To
somehow gain any public gaze, without thinking much I applied to the business lan contests. In
believed, it was the best way to get some funds and cooperative workers.

I tried my best here and there, but couldn’t get past the document screening, and even when I
finally did, there was not much result. As a finalist of a certain business grand prix I made a
presentation in front of a 500 people, and even got some supportive messages afterwards, but
generally nothing had changed.


Of course, there were also people actually willing to help me with my wish to open the theme park. They treated me very cordially and referenced to “Saiboku” or “Edo Wonderland” as the business models I could learn from. Naturally, they introduced them as the successful examples of what I should aim to achieve. Much later, I happened to accidently pass by the Saiboku itself and I was shocked. “So every time I talked about “theme park” this kind of image
appeared in the people’s minds” I though and entirely understood the reason why there wasn’t much progress in my project until now. I finally realized the fundamental mistake I had been doing all this time. From this moment onward never again have I used the words “theme park”.


Summer 2015
I was living in Shinjuku and had an occasion to spend a night in Yorii. An enormous sense of
happiness came to me there, like waking up in the morning after a good sleep. I visited many
places called “power spots” before, like Yamagatake or Kirishima, but Yorii was the first time I
felt so filled with good emotions. The experience impressed me so much, I moved there in
September. To the boarding house in Yorii’s Tatehara district.

It was an old, deteriorated building, which could host up to 60 people and I believed, that with
little repairs I could fulfill my dreams here. Unfortunately, just the following year owner told
me he is selling the facility and needed me to move out by the end of the year, so I had no
other choice but to agree.

Autumn 2016
My new location was a single-family house in Sueno district. It was a wonderful minka house
with characteristic triangular, orange roof and southern side bathed in sunlight.

At the end if the year I decided to eat out at the french restaurant located in another minka.
But upon entering inside it, I noticed that there were no decorations whatsoever and the
interior look pretty much the same those of any other houses. I was really surprised and then I
made up my mind “If that’s the case, maybe I can do it too?! That’s right, let’s open a cafe”.

2017
After the New Year I started making hand-made decorations and furnitures, and on the 1 st of
August my café was opened.

Shortly after the opening, a young couple in their 20s helped me make a 30-minute live video
presentation on Facebook. It was a horrible presentation, but nonetheless more than 100
people watched it. Since it was a live broadcast many viewers asked questions, sent messages
and gave me an actual impression they “wanted to help somehow”. But, maybe because of the
distance, in reality no one appeared to help.

It was like despite showing actual will to help, people didn’t really know “how” could they
help. I started thinking that “future vision” and “things I should do” didn’t really connect with
each other and that’s why I couldn’t get any actions from them. I felt I needed to make some
tangible, down-to-earth plans to get tangible reactions. I had to divide my vision into more and
more smaller portions: from main idea to the business proposal, to the programme plan, and
finally to the step-by-step manual. It seemed that I still had a lot of work in the process of
conveying my vision to others and my goal was still far ahead…

Even after the opening I still worked on my concept and ways to express it. Finally, after half
of the year, at the end of October an advertising slogan was ready: “Live your life feeling the
invisible world”. When the people sew the leaflets with this catchphrase they would react
enthusiastically. “That’s a good one!” they would say. The goal of my business was finally
understood by others and, in turn, more and more people became interested in it. Laborious
process of turning my concept into reality had finally reached its end.

After that, I have gradually began to expanse the range of prints I offered by the business
cards and small vicinity maps. Leaflets that inform about activities Ermot do turned out to be
really helpful. Once again have I felt that conveying information in a simple and effective way
is the most important thing.

Thanks to those pamphlets, the degree of sympathy for my idea has become wider then ever
before. Moreover, I was able to register to the WWOOF service (an worldwide network that
matches organic farming businesses and volunteers willing to work at farms and facilities that
use their products) and now even people from outside Japan come to help me. From now on,
my main goal is to further create much more attractive place so that more volunteers will get
interested in taking part in my vision. As long as people working here stay enthusiastic, this
café will be charming and visitors will gather here. That’s the space I would love to create.

【エルモットの事業を登山に例えると・・・】


登山に例えると、事業の「目的地」は「山頂」です。

エルモットの場合、突然、山頂のビジョンが現れました。

ただ「山頂のビジョン」だけ!でした。

「現在地」も分からず、当然「山頂までのルート」もなく、ルートが必要なことすら、考えが及びませんでした。
無意識に「飛んでいける」と思っていたのかも知れません。

山頂のビジョンについて、エルモットでは「地上の楽園」という言葉を使っていますが、「桃源郷」「まほろば」「パラダイス」「ユートピア」「シャンバラ」「ユーサイキア」「神の世」など、世界各地で様々な言葉で表現されている、たぶんすべて、ゴールは同じだろうと私は感じています。

そこへ至るには、一人では行けません。このビジョンを仲間と共有するためには、言語化が必要です。明言化しなければ「同じ単語を使っていても、内容はまったく別モノ」になる可能性が高いです。「同床異夢」というのでしょうか・・・

「楽園とは、どのようなところ?」これが人によって全く違うのです。

「赦し合える世界」「争いのない世界」「お金のない世界」「好きなことだけやってたらいい世界」「働かなくても生きてゆける世界」「ぐうたら怠けて快楽に浸れる世界」「周囲に奴隷がいっぱいいて、何でもしてもらえて自分勝手に生きられる世界」

「楽園」のイメージは百人百様なのだから、定義を設定しなければ始まらないのだと気づきました。

エルモットが定義する「楽園」は

*人種を問わず、安心して笑い合い、交流できる。
*人間の本質である「創造性」が発揮できる。
*人間としての尊厳が保たれている。正当に評価される。

他にも要素は色々ありますが、今はこの3つを挙げています。これを実現するためには、自己超越が不可欠!この自己超越するための体験を、「和文化」「ヒーリング」を中心に提供する!これがエルモットの事業です。

「楽園」が定義できて、ようやく、目指す「山」が明確になりました。とはいえ自分の中で明確になっただけで、多くの人に理解されるには至りませんが・・・

山の頂上は高すぎて、雲に霞んではっきり見えない。でも、登山口を決めて、「この先に山頂があるんですよ」と始点を決める必要がありました。どこから登ればいいんだろう・・・とウロウロさまよっていたある時、「見えない世界を感じながら生きるライフスタイルを。」という言葉が現れました。これによって、周囲の人が「頂上」をイメージできるようになったのです!やっと登山口が決まりました。「三次元を超えて、異次元を感じながら生きる感性を高める生き方」を実現することによって、自己超越し、山の頂上を目指します。頂上までのルートは超アバウトで、「この辺で行こか?」という感じです。

一人では登れないくらい高い山なので、縁のある人、価値観を共有できる楽しい人に集まってもらい、疲れないように休みながら楽しく頂上を目指してゆきたいと願っています。

今は、「一緒に山に登りたい」と思ってくれる仲間が少しづつ集まってきてくれている感じがしています。準備運動をそろそろ終えて、出発時間が迫ってきた…そんな時期かな、と感じています。

【その前のお話。序章というか、伏線というか】

1992年、大阪市北区で創業した「オフィス・カシュカシュ」の一人社長である内藤明子は、何でも一所懸命に取り組む性格です。印刷物や映像のデザイン仕事に携わり、質の高いものを作りたい一心で、能力開発セミナーに色々と顔を出すうちに、スピリチュアルの領域のワークショップにも顔を出すようになっていました。

創業10年目・2002年のある日、東京に住む知人が「相談がある」と大阪までわざわざ訪問してくれました。彼は「心を映し出す鏡」のようなソフトウェアを開発しており、これを元にITベンチャーを立ち上げて、「マインド・リゾート」というコンセプトで地球をパラダイスにするという計画を語ってくれました。彼の私に対する要望は「インターフェイスデザインやCI設計などに関わってもらいたい」ということでした。

私はこのコンセプトに感激して、どうしてもこの仕事に関わりたいと思い、東京へ引っ越すことにしました。実は、その1年前に、「仕事にも飽きてきたし、新しいことしたいな、東京の仕事でもやってみようかな」という軽いノリで、自分の作品集を持って、東京のプロダクションを数社回ってみたのです。すると反応が良くて、どこの会社も、作品を見るやすぐ発注してくれました。しかも、大阪の仕事よりも発注金額が一桁多いのです。「こんな簡単に仕事もらえるんだ」と思ったものの、拠点を移すほどのモチベーションも上がらず、そのまま自然消滅していました。そんな経験があったために「いざとなれば、またプロダクションを回ればいいわ」と、本当に軽く考えていたのです。

社長が考えた「マインド・リゾート」は、南の島のイメージでした。海に浮かぶキャラクターや、海をモチーフにしたロゴを作るようにと指示があり、作ろうとしました。しかし、いつもは「スルッ」と出て来るイメージが、なかなか出てこないのです。本当に難しい。なんで出てこないんだろう?!と必死になってもなかなか出てこない。わーん、なんで?!そうか!私は海より山が好きなんだ!と思った途端、突然!頭の中に「あるビジョン」が現れたのです!

里山に古民家が点在し、そこであらゆる人種の人たちが、和文化で交流を楽しんでいる。心からの安心した笑顔で無防備に笑い合っている、とっても平和な光景でした。

これこそが、私の求めているもの!行きたくてたまらない!絶対に行きたい!「魂が歓喜して震える」とは、このことか!と実感したのです。

「社長が実現する地球パラダイス計画の中に、これを入れてもらって、そのうち作ってもらおう!」なんて暢気なことを考えていました。

3人のベンチャーだったので、私も資金調達やソフトウェアの販売を中心に考える必要がありました。ダウンロード販売だけでなく、Windows95にバンドルしてもらうとか、CD-ROMで配布するとか、色んなことを考えなければなりませんでしたが、営業経験もなく、そんなこと考えたこともない私には、どうしたらいいのか、さっぱり解りませんでした。とにかく認知してもらわなければならなかったので、誘われるまま異業種交流会に出て、ソフトウェアの説明をするのですが、全く理解されない。「こんなもののために東京に来たの?!」と呆れられる始末。なんでこの素晴らしさが解らないんだ、これが理解できないなんて、東京の人間はバカばっかり!と最初は憤っていましたが、あまりにも打ちのめされて、馬鹿なのは自分のほうだったと気づくのにもずいぶん時間がかかってしまいました。

コンセプトが間違っているのかな・・・という気持ちが芽生えてくる。社長からは「スピリチュアル色を消せ」と言われる。色んなことに悩みはじめ、著名な心理カウンセラーの先輩に尋ねてみたら「コンセプトのここが違う」と指摘され、正しいコンセプトが見つかりそうでした。ところが社長にそれを上手く伝える力が私に足らず、今よりさらに感情的に生きていた当時の私はケンカみたいになって、会社に行く頻度が下がってしまいました。

もともと、給料をもらえるような契約はしていなくて、私が関わりたくて押し掛けてきた状態だったために、生活費が必要でした。そこでバイトしなくちゃと、また作品集を持ってプロダクションを回ってみたものの、この時はどこへ行っても「今は発注できるものがない」と断られ、何か世界との歯車が合わない感じ・・・

だんだん焦ってきて、カウンセリングや占い、チャネリングなど、アドバイスを貰えそうなところを手当たり次第に回りました。すると、どこへ行っても「あなたはヒーラーだから、ヒーリングの仕事をしてください」と言われるのです。スピリチュアルは好きで勉強していたけれど、まさか仕事にするなんて考えたこともなかったのですが、藁をも掴む思いでヒーリング学校に行き、資格を取得して、仕事を始めました。すると本当に適性があったみたいで、ヒーリングで生きてゆくことができるようになりました。

ヒーリングの仕事をしているうちに、どんどん自分がヒーリングされてゆきました。「ヒーリング抜きに自己超越はありえない、だからヒーラーになったのか…」と気づきました。そして、前の社長が求めた「楽園」と、私の求める「楽園」が、根本的に全く違うものだったのかも知れない…と、やっと思い至ったのです。

しかし「テーマパークを作ることが、私の生まれてきた目的だ!」という思いが強くて、何をするにも、そこに意識が向いてしまうのです。とにかく理解者を一人でも増やしたい、そのために言語化して資料を作ったりホームペ―ジを作り直したりしたい、他の仕事をするのは時間がもったいない、と焦りながらも常時考え続ける毎日を過ごしていました。まさかこの状態が10年も続くとは予想もせずに・・・・・・。

・・・そしてこのページの先頭へ戻る。ページの先頭へページの先頭へ

65x65.png